脂肪燃焼効果がグングンとあがる食べ方

みそ汁を飲む習慣がダイエット効果をよぶ

参考サイト⇒痩身エステ口コミ★実際に痩身エステをお試ししてきた体験記です♪

 

お酒を飲んだ後の締めにも、お寿司を食べた後にも、コンビニ弁当を食べる時でも、みそ汁を飲むことが大事なのですね。

 

みそ汁は日本人にぴったりの燃やす効果が高い優れたスープなんです。

 

みそ汁1杯には、男性に不足しがちな野菜、海藻、まめ製品が摂れますし、燃焼系成分のミネラルを十分に補給できます。

 

栄養素の量とバランスは、ダイエットに効果がある外国産のミネラルウォーターとは比べ物にならないくらい優れています。

 

水はどんなにたくさん飲んでも痩せる効果は期待できませんが、みそ汁は痩せる効果があるのです。

 

みそ汁のように温かいものは、体を温めて代謝を良くしてくれますし、体に入ると胃の出口がきゅっとしまるんです。

 

胃の中で食べ物がうまくまじりあって、滞留時間が長くなって、満腹感を高めてくれます。

 

冷たいものばかり食べていると、胃の出口は開いたままになるので、お腹が満たされにくいんです。

 

血圧を気にして塩分を控えようとしてみそ汁を敬遠する人もいますけど、血圧は体内にナトリウムと言うミネラルだけが多くなると上昇しません。

 

カリウムやマグネシウムなど、ほかのミネラルがあればそれほどは上がらないのです。

 

みそ汁からはナトリウム以外のミネラルもたっぷりとれるので、血圧を上げる要因になるとは限りません。

 

温かいものと水分の多いものは、基本的に太らないようですね。

 

みそ汁は究極のメニューなのかもしれませんね。

 

参考サイト⇒痩身エステのランキング!ダイエットのためにお試し体験に行ってきました♪

痩せたいのなら間食にもこだわってみる

お昼ごはんって、仕事の具合などで中途半端になったりしますよね。

 

一口食べただけで終わってしまったり、食べている時間がなかったり・・・

 

そんな時にちょっとした間食をしないと、食べたほうがドカ食いを防げますし、太りにくくなったりします。

 

間食を食べる時には、少しでも体にイイもの、栄養がとれるものを選ぶことが必要です。

 

ナッツ類は原型食品で、全般的にミネラルが多く、クルミやカシューナッツ、ピスタチオなどには脂肪を燃やす量質の油のα‐リノレン酸も含まれますし、アーモンドなどには血行をよくするビタミンEが含まれています。

 

だから理想的なおやつなんですね。

 

おせんべいはお米が原型ですし、栄養をトッピングすればいいおやつになります。

 

ビタミンEや肝臓の働きを助けるセサミンが多いゴマせんべいや、アミノ酸とミネラルがとれる海苔せんべいなどがダイエットには向いています。

 

ドライフルーツも、ビタミンや食物繊維が摂れますし、栗ようかんや栗などからは食物繊維がとれます。

 

チョコレートにも、生活習慣病予防やストレスに対する抵抗力を高める作用があるカカオやポリフェノールの効能が期待できます。

 

参考サイト⇒ダイエットエステの体験談※お試し体験で見えてきたダイエットエステの違い!

あまいものは午後3時がベスト

昔からおやつは午後3時となっていますが、この時間帯は1日のなかで一番太りにくいのです。

 

体内には糖を脂肪に変えるホルモンのような成分があって、その量は1日の中で変動しますが、午後3時をピークに減少して夜にかけて増えていきます。

 

だから午後3時ごろは、甘いものが体脂肪に変わる割合が一番て食いのです。

 

夜中に甘いものを食べると、逆に糖が体脂肪に変わりやすくなるのです。

 

夜食に菓子パンやクッキーなどを食べてしまっては、体脂肪を蓄えてしまうのです。

 

燃やすことを考えるのなら、コーヒーやお茶よりも、野菜ジュースが豆乳を添えて、甘いものを食べる前に一口でも飲むようにします。

 

甘いものの栄養は糖と脂質がほとんどで、代謝を良くして燃やすために必要なビタミンやミネラルはほとんど含まれません。

 

だから野菜ジュースや豆乳で補うと、燃やすしやすくする効果が高まるのです。

 

甘いものは血糖値を急激に上昇させますけど、食べる前に豆乳などを飲んでおけば、血糖値の上昇もゆるやかになって、太りにくくなります。

 

参考サイト⇒男性向けダイエットエステが熱い!メンズエステで痩せるか体験記♪

夜食を食べるなら代謝を考えて一工夫

残業などで夜食をとるときには、カップ焼きそばや菓子パンなどは、蓄えモードになっているので注意が必要です。

 

温かいものと水分が多いものは基本的に太りにくいので、夜食を選ぶ時にはこれを当てはめます。

 

スープ春雨、おこげ、おかゆ、リゾットやお茶漬けなどがおススメです。

 

でもどうしてもカップ麺を食べる時には、焼きそばよりもラーメンのほうがおススメです。

 

就職を遅い時間にしか食べられないで、夜食が夕食になるような場合は、肉や魚、野菜のおかずを中心に、栄養がとれるものをきちんと食べたほうがイイのでしょう。

 

無理に夜食を我慢して、お腹が空いて眠れないときは、ココアを1杯飲むと、体を温める作用や気持ちを満たす作用があるのです。

 

夜前に飲むとぐっすり眠れるようになります。

 

カカオ、ポリフェノールは、抗酸化作用があると言われますし、アンチエイジングにも役立ちます。

 

参考サイト⇒ダイエットエステのお試し体験談@ホントに効果あるのか本音で口コミ!

食べる順番で太りやすくなる

食は本能なので、一番好きなものから食べたいという気持ちがあります。

 

でも同じ内容のものを食べるにしても、太りやすくなる場合と太りにくくなる場合があります。

 

そのカギを握るにが血糖値です。

 

血糖値が急激に上昇すると太りやすくなるのですが、炭水化物をたくさん含んだものを一口目に食べるのは要注意です。

 

食物繊維が多い野菜や海藻、盗塁などをとれる副采と汁物は、一口でも食べると主食類の吸収をゆるやかにして、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

 

前妻から始まって、最後にご飯が出てくる懐石料理は、太りにくい料理の順番のよい例です。

 

それを参考にして、サラダを舞う一口目に食べたり、ラーメンなどでは麺よりも先に具の野菜などを食べたほうがいいのです。

 

一番最初に食べてほしい野菜類は、普段意識をしないとなかなか摂りにくいので、できるだけ毎食1品は食べるように心がけます。

 

生野菜と温野菜を両方とるのが理想的です。

 

肉は気をつけなくては食べる食材ですから、肉と魚を選ぶような時はできるだけ魚を選ぶようにすると、不足しがちな栄養を補うことができます。

 

参考サイト⇒痩身エステ体験談★友達と始めた痩身エステのお試し体験巡りは満足度が高かったです!

食べ過ぎても翌日調整ができる

参考サイト⇒横浜の痩身エステを体験してみてオススメできるのはこのエステです!

 

仕事から解放される週末は、ダイエット中であっても好きなもの、おいしいものを食べたり、飲んだりして気持ちよく過ごしたいです。

 

でも食べ過ぎても、翌日に調整すれば大丈夫なんです。

 

食べたものが体脂肪になるのは2週間後ですから、翌日にすぐに調整すればいいのですね。

 

一晩くらいの食べ過ぎは、分解されてグリコーゲンになってまだ肝臓に蓄えられていますので、肝臓にあるうちに食事量を調整するか、運動で使いきれば体脂肪にはならないのです。

 

肝臓にストックできる量はあまり多くありません。

 

調整しないで、食べ過ぎや飲み過ぎを続けているとグリコーゲンは肝臓から溢れだして、脂肪細胞に蓄えられます。

 

脂肪細胞はそれは広くて大きなトランクルームで、いくらでも受け入れて巨大化して、体脂肪がどんどん増えてハミ肉が増えていきます。

 

肝臓にグリコーゲンとして蓄えられているくらいの量なら調整も楽なんです。

 

食事量を調整するなら、早めに対処をしたほうがいいので、翌日がポイントになります。

 

普段の2倍くらいの量を食べたなら、昼食をまるごと1食を抜くようにして、調整をするのですね。

 

1食抜くくらいの気持ちがあれば、肝臓のストックはすぐに使いきれます。

 

だから食べ過ぎても調整ができるのであれば、我慢しないで時には思い切って食べてしまって、メリハリのある食事をするほうがいいのです。

 

食べ過ぎた翌日にお腹がグーグー成ることがありますが、空腹のサインではありません。

 

この音は拡張した胃が元のサイズに戻ろうとしているサインで、お腹がすいているわけではありません。

 

腹八分ですまそうとしても、大きくなった胃では減らしたことにはなりません。

 

1食、2食を抜くくらいの調整をするほうが元に戻しやすくなります。

 

参考サイト⇒痩身エステの効果をキャンペーンで体験しました!大満足のランキングです♪

ラーメンライスは肥満のもと

炭水化物が多い食事はカロリーよりも、血糖値が急激に上昇しやすくて、太りやすくなることが問題です。

 

日本人の体は主食のコメからたくさんの栄養を取り入れるようにつくられていますから、低炭水化物ダイエットは合わないことが多いのです。

 

でも1回の食事で主食を2種類食べる炭水化物の重ね食べは、とても太りやすくなる食べ方です。

 

ラーメンライス、そばとかやくご飯、うどんといなりずし、パスタとパンなど、炭水化物同士のメニューってかなりありますから注意したいですね。

 

お腹がいっぱいになるので男性は好んで食べたりしますが、血糖値だけが以上に上がって、脂肪の燃焼効果は期待できません。

 

1回の食事で主食は1種類だけが基本なんですね。

 

参考サイト⇒お試し体験に行って効果があった関西のおすすめ痩身エステサロンはココ!